炭酸水

炭酸水とは?

炭酸水は普段あまり馴染みがあるものではなく、ソフトドリンクのような炭酸飲料水として飲む事がほとんどという方が多いのではないでしょうか。

 

しかしスーパーや量販店などに向かうと店の一角には小さいながらもコーナーが設けられて販売されており、味が付いていない水を何に使うのかと疑問を感じてしまいます。

 

主に国内ではウィスキーのソーダ割りや梅酒割りなどをはじめとしてアルコールを割る事を目的として購入することが多くあるのですが、一方で海外では自然の湧き水に炭酸が含まれていることが稀にあり、健康を目的に飲むケースがあるのです。

 

甘味などの味が付いていない炭酸水を口に含むとやや苦味もあるのですが、炭酸ならではの清涼感を大いに感じることができ、この発泡は水に二酸化炭素が溶け込んでいることにより生じています。

 

欧米では発泡性がある湧き水をミネラルウォーターとして販売しており湧き水がでる当地では古くから愛飲されているのですが、人工的に製造されるようになったのは18世紀からと近世に入ってからのことになります。

 

当時の製法は硫酸を用いるなどやや危険な側面もあったのですが、様々な製法が考案される中で現在主流となっているのは炭酸ガスボンベの加圧により水に二酸化炭素を溶解させる手法で、飲食店では炭酸飲料水やビールを製造する際に店内のソーダ・ファウンテンで加圧しその場で炭酸を含ませています。

 

また近年になり国内では炭酸水が及ぼす健康への良い影響に注目が集まるようになり、飲用以外の使い方についても様々言及されています。