炭酸 骨

炭酸を飲むと骨が溶けるの?

炭酸を飲むと骨が溶ける、という噂を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
シュワーとした炭酸飲料は喉が渇いた時や暑い時などに飲むと、何とも言えない心地よさを覚えます。
炭酸飲料と聞いて普通思い浮かべるのが、コーラやサイダーなどの甘みのついた炭酸飲料です。
最近では甘みのついていない炭酸水をダイエット目的で飲む人も見かけますが、一般的には甘い炭酸飲料が主流です。

 

炭酸を飲むと骨が溶けるという噂はこの甘みのついた炭酸飲料の事を指しています。
甘みのついた炭酸飲料にはリンが含まれており、このリンが体内のカルシウムと結合してリン酸カルシウムとなって体外へ排出される事からそのような話が生まれたようです。
また、糖分を多く含む炭酸飲料は飲むと、体内で糖分を分解する為にカルシウムが使われます。
まずは血中のカルシウムから使いますが、足りなければ骨から吸収されます。
すると骨のカルシウムが減るわけですから骨が弱くなる事も考えられますが、骨が溶けるという話はそれが大げさに広まっているだけであくまで迷信です。

 

ですから、ダイエットや美容目的で甘みのついていない炭酸水を飲んでいる場合はもちろん何の問題もありませんし、甘みのついた炭酸飲料を飲んでも骨が溶けるとは考えられません。
とはいえ、糖分の取り過ぎは体に悪影響を与えますから、甘い炭酸飲料の飲み過ぎには注意しましょう。
また、健康や美容、ダイエットに炭酸水を飲む場合は甘みの入っていないものを選びましょう。